案件概要のまとめ方

こんな案件あります!いい人いませんか?と打診する時にお送りする案件概要。
皆さんはどんな書き方してますか?
Java出来る人ーとか書いてもイメージが沸きませんし、提案する側としてもそういう言い方ではちょっと不安…。
そこでどんな書き方をすれば伝わりやすいのか考えてみました。

技術者さんが知りたい情報

最初に理解して頂きたいのは営業、技術者、など聞き手によって知りたい事には違いがあると言う点です。
案件情報を発信する側としてはそういった対象の皆さんを網羅出来るような情報を発信するよう心掛けたいですね。
まずは技術者さんが知りたい情報を見てみましょう。

  • 開発に使う言語
  • データベース
  • Framework
  • 開発フェーズ

など何を使って開発を行うかを一番気にされるでしょう。
また統合開発環境(IDE)は何を使うのか、開発用の端末はMACかWindowsなのかなどを気にされる方もいらっしゃいます。
面接の段階ですが、自前のキーボードやマウスは持ち込んで良いのか、なども聞かれたことがありました(笑)

営業の知りたい情報

次に営業さんが見たい情報について確認してみましょう。
営業さんが見たい情報としては以下のような物があります。

  • 単価
  • 精算の有無とその時間幅、単価
  • 契約形態(派遣or準委任)
  • 商流制限

やはりお金がらみの内容が多いですね。
また商流制限や契約形態など契約がらみも確認したいポイントになります。

テンプレートはこんな感じ

あくまでサンプルですが、こんな感じでしょうか。

<案件情報>
案件:BtoC向け ECサイト構築
工程:基本設計~統合テスト
場所:○○駅
就業時間:9:00~18:00
期間:2021/07~ 長期
必要スキル:
 【必須】
 ・Javaを使ったシステム開発経験
  Java、Webの開発経験、フレームワークを利用した開発経験
 【尚可】
 ・WACsの使用経験
 ・Oracleの使用経験

技術環境(DB、OS等):
  Java,WACs,WAS,Oracle11g
  JSP,JUnit

人数:2名~3名
単価:650~850K(スキル見合い)
精算:応相談
その他:
 ・事前訪問は1回(弊社1回)となります
 ・ご契約につきましては1名の場合、派遣契約、2名は準委任契約となります。

期間などはエンドが決まっているようでしたら明確にした方が良いですね。
また尚可スキルに書いてあることを理由に不採用にすることは避けた方が良いです。
それじゃ必須スキルになっちゃいますからね。
商流制限がある場合はその他欄、もしくは専用の欄を設けて記載しましょう。

おわりに

募集要項をきちんと書くのは案件に良い要員を提案して頂くための第一歩です。
これが適切に書かれていないとマッチしていない人の面談を多数しなければならなくなったりと非効率なことが多くなってしまいます。
どんな人に来て欲しいかを思い浮かべながらレベル感などを適切に記載しましょう!

コメント

  1. […] 引用記事:https://www.sessales.net/?p=334 […]

タイトルとURLをコピーしました